パートやアルバイトの専業主婦でもキャッシングできる?

そもそもキャッシングはどんな人が使えるの?

キャッシングを利用できるのは、「返済能力がある人」です。キャッシング会社はただお金を貸すだけではありません。貸したお金を返済してもらって初めて利益が生まれるのです。もしもお金を返してもらえなかったら、会社が損をしてしまうことになります。なので、返済できないような人には初めからお金を貸すことはないのです。

逆にいうと、「返済能力がある」とキャッシング会社に判断されれば、どんな人でもキャッシングを利用するチャンスがあるということです。

これは会社員に限りません。例えば主婦や学生であっても、パートやアルバイトで定期的な収入がある人は、キャッシング会社から融資を受ける条件を満たしていることになります。
>>主婦でもOK!スマホで簡単、安心のカードローンランキング

ということは、パートやアルバイトもしていない専業主婦はキャッシング融資を受けることができないのでしょうか?結論からいうと、可能です。専業主婦であってもキャッシングを利用することはできます。

では、具体的にどのような方法があるのでしょうか?まずは現在提供されている主なキャッシングサービスについて紹介します。

キャッシングサービスは大きく分けて3つ

消費者金融、銀行系キャッシング、銀行カードローンの3つです。これらは資本の違いによってそれぞれ審査の基準が異なります。

消費者金融

消費者金融は個人への融資を専門に行う業者です。キャッシングのサービス以外に事業を持たない会社が多いため、収入のない方にサービスを提供するということは基本的にありませんが、配偶者に収入があれば借り入れできるところもあります。ただし、消費者金融は貸金業者なので、総量規制の影響を受けます。総量規制とは、年収の1/3までしか貸してはいけないとする規制のことで、貸金業法に定められています。

銀行系キャッシング

銀行のグループ会社などが行っているキャッシングサービスです。銀行系の場合は銀行との事業提携があったり、銀行そのものがキャッシングのサービスを提供していることがあったりするため、専業主婦でも場合によっては対応してくれる可能性があります。TVコマーシャルをやっているような大手消費者金融は。ほぼ銀行の傘下にあり、銀行系キャッシングといえます。

銀行カードローン

銀行が行っている個人向けのキャッシングサービスです。保証人が不要で気軽に利用できるため人気です。銀行は他のキャッシングサービスとは異なり、銀行法によってお金を貸しています。貸金業者にはあたらないため貸金業法は適用されません。そのため総量規制の影響を受けることはなく、年収の1/3までという制限もありません。つまり銀行が行う独自の審査を通過できれば、専業主婦でもカードローンでお金を借りることができます。

消費者金融は本人の収入で判断しますが、銀行カードローンの場合は配偶者の収入も考慮します。そのため配偶者に安定した収入があれば、収入のない専業主婦でもキャッシングを利用することができるのです。

ただし、借入限度額は消費者金融や銀行系よりも少なくなります。家族の収入が高いからといって限度額が増えるわけではなく、専業主婦が利用できる枠は基本的に少額となっています。とはいえ、生活費の足しにする、ちょっとした買い物をするといった日常生活で必要な範囲であれば、収入のない専業主婦でも十分な融資を受けられるのです。

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローン!

上でご紹介したとおり、専業主婦が消費者金融でお金を借りることはできません。しかしこれにも例外があり、配偶者貸付制度を使えばお金を借りることができます。

これは本人と配偶者の合算年収の1/3を限度として借入ができる制度です。配偶者に一定の収入があれば、専業主婦に収入がなくてもお金を借りられることになります。

このように専業主婦がキャッシングのサービスを受けるには、消費者金融で配偶者貸付制度を利用するか、銀行カードローンかどちらかになります。

ただし配偶者貸付制度を利用するには借入に対する配偶者の同意が必要なので、内緒で借りることはできません。同意が得られたとしても、配偶者の収入証明書、婚姻関係が証明できる書類など用意すべき書類がたくさんあります。 しかも消費者金融には制度を必ず利用しなければならないと決められているわけではないため、実際にはこの制度を使っての貸し付けを行っていないこともあります。

配偶者貸付制度を利用するのは少しハードルが高いといえるでしょう。

銀行カードローンは保証会社を利用して借入を行うため、保証人を立てる必要はありません。本人の名義で申し込めるので配偶者の同意も必要ないですし、銀行が勝手に配偶者に連絡することもありません。つまり、家族に内緒でお金を借りることができます。

今はわざわざ銀行に行かなくてもネット上で申込が完結するところもありますので、家事や育児に忙しい専業主婦にとっては魅力的です。

借入限度額が少なかったり、消費者金融と比べて審査に時間がかかったりとデメリットはありますが、銀行カードローンならば誰にも知られずに気軽にお金を借りることができます。

最も重要なのは返済能力の有無!専業主婦は返済能力なしとみなされるところもありますが、その場合は迷わず銀行カードローンがおすすめです。配偶者貸付制度を利用することもできますが、配偶者の協力が不可欠です。とはいえお金は夫婦にとって大切な問題。ひとりで抱え込まず、夫婦で解決していきましょう。

総合人気ランキング

※ランキングは当社調べの元決定しています

特集から探す

カードローンシミュレーション

お役立ち情報

ページの先頭に戻る