キャッシングのノウハウ

キャッシングをつかって借り過ぎを防げる制度もある

消費者金融の歴史と規制による問題解決

消費者金融は日本の高度成長期に合わせて積極的に融資を行い、貸付残高も大きく伸びてきました。 しかし、その一方で消費者金融業界の法整備は未熟な部分も多く、グレーゾーン金利での貸し付けなどが一般的に行われている状態でした。 その結果として、1980年代から90年代にかけてサラ金のトラブルが社会問題化してしまうことになります。 高金利での貸し付けや、利用者の返済能力を超えるような貸し付けをすることで返済ができなくなる人が急増し、自己破産する人や自殺する人まで出てくる大きな問題となりました。 こういったサラ金問題を解消するために貸金業法が改正されることになり、その中で総量規制というキャッシングに関する制度が制定されています。

総量規制とは?

総量規制とは、個人が消費者金融やクレジットカードのキャッシングで借りることのできる金額の上限を「前年度の年収の3分の1」までに制限するというルールです。 たとえば、昨年度の年収が300万だった人の場合、借りることのできる金額の上限は100万円になり、昨年度の年収が600万円であれば上限は200万円になります。 この金額は1社からではく、貸金業者からの借入全体の総合金額です。 そのため、年収300万円の人が消費者金融Aから50万円を借りている場合、消費者金融Bから借りることのできる金額は50万円が限度ということになります。

総量規制はあくまでも「貸金業界内」のルール

では、年収300万円の人がすでに消費者金融から合計で100万円を借りている場合はこれ以上まったくお金を借りることができないのかというと、そういうわけではありません。 総量規制は貸金業法で定められたルールであり、適用されるのは貸金業法の下で運営されている貸金業者からの融資だけです。 そのため、銀行法によって運営されている銀行からの融資であれば、総量規制の枠を超えて融資を受けることができます。 また、総量規制はあくまでも個人の借り入れについてのルールであり、法人についてはこの限りではありません。

総量規制により専業主婦は原則借りられない状態に

総量規制は個人の借り入れを年収の3分の1までに制限したため、仕事をしておらず収入が全くない人は貸金業者からお金を借りることができないようになりました。 この影響を一番受けたのが、専業主婦です。 専業主婦の場合は給与を受け取る仕事をしていませんので収入がなく、原則的にキャッシングを利用することができない状態となっています。 実際、大手の消費者金融の多くは専業主婦に対して貸し付けを行っていません。 ただし、まったく借りられないかというと、そうではありません。 実は、消費者金融の中には専業主婦への貸し付けを行っているところもあります。 この場合、専業主婦へ貸し付けといっても、実際には配偶者である「夫への貸し付け」の形で融資が行われます。 専業主婦であっても夫の同意があればキャッシングを申し込むことができ、その場合は夫に十分な返済能力があるかどうかが審査条件となります。 そのため、仮に融資が行われる場合、融資の上限は夫の年収の3分の1です。

総量規制が適用されない「おまとめローン」の存在

多重債務の問題を解決するための方法として、おまとめローンによる借り換えがよく行われます。 基本的に金利は借入金額が大きくなるほど低くなるため、複数の借入先からの借金を1つにまとめることで金利を低くして返済を楽にするのが目的です。 最近は消費者金融でもおまとめ専用のローンを行っているところが増えてきていますが、これは総量規制の適用されないことになっています。 貸金業法では、利用者が一方的に有利となるような貸し付けについては総量規制の例外としており、年収の3分の1を超える金額であってもおまとめローンなら借入可能です。 ただ、ここで注意しなければならないのは、総量規制の例外となるのはおまとめ専用ローンだけということです。 通常のキャッシングやカードローンを借り換え目的で利用した場合は、総量規制の例外とはなりませんので注意しましょう。

「借り過ぎ問題」をなくすために

以前は全く規制がなかったことにより、自分の返済能力がないにも関わらず借り入れをしている人が多くいました。 しかし、総量規制が制定されたことにより、多くの人が借り過ぎを防ぐことができ、以前に比べると無理な借り入れはなくなってきたように思います。 ただ、それでも返済を滞納してしまう人や、返済計画を立てきれずに返済不可能となり、自己破産をしてしまう人もいます。 お金を借りる際にはしっかりと返済計画をたてて、必ず返済できることを条件にお金を借りる、という事を強く意識することが大切です。

カテゴリ-から選ぶ

キャッシングのノウハウをチェックする

審査が不安な方へ

キャッシング・カードローンのお申込みでは、
想像以上に時間が掛かる場合がある上に、
審査も通らない場合があります。

そのような事態を避けるために、
同時に2社へお申込みをされることを
オススメ致します!

キャッシングタウン厳選の組み合わせ


アコム

30日間無利息!24時間借入可能!

詳細を見る

キャッシングを一覧で比較

  実質年率 限度額 融資スピード 特徴 申込み
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 1~500万円 おすすめ
最短1時間
当サイト1番人気!
30日間無利息サービスがお得!
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。」
平日14時まで契約完了すれば即日融資も可能!
申込み
公式ページに遷移します。
SMBCモビット
SMBCモビット
3.0%~18.0% 800万円 最短即日 三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座をお持ちであれば、ネットからの手続きのみで最短3分で振り込まれます!
※14:50までの振り込み手続き完了で当日振込可能。
※審査結果によりご希望に沿えない場合があります。
※フリーターの方の借入はパート、アルバイトなど安定した収入がある方に限ります
申込み
公式ページに遷移します。
アコム
アコム
3.0%~18.0% 800万円 最短1時間 これまで期間限定だった無利息キャンペーンも、
正規サービスになって再登場!
来店不要で審査回答は最短30分!
さらに最短1時間のスピード融資可能!

3項目の入力で、借入可能か結果がでる3秒診断も人気です。
申込み
公式ページに遷移します。
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行
カードローン
年2.0%~14.0% 最大800万円 -

みずほ銀行の口座を持っていれば、ネットですべて完結! 口座を持っていなくても、審査OK!
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。 引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

申込み
公式ページに遷移します。
三菱UFJ銀行カードローン
三菱UFJ銀行カードローン
1.8%~14.6% 500万円 - カードも即日発行可能!(※発行されたカードは、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能)
簡単な質問に答えるだけで借入可能か診断できる「お試し診断」もあるので、迷っている方はまずお試しを!
安定的な収入があるならパート・アルバイトの方もお申込みいただけます!
申込み
公式ページに遷移します。
レイクALSA
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 最短即日 はじめてのお申込みなら、30日間無利息、または5万円まで180日間無利息!
来店不要、Webなら24時間365日受付!
申込み
公式ページに遷移します。

キャッシングをタイプ別比較から選ぶ

  • 返済のメドが短期間でついている方は「無利息キャッシング!」
  • はじめてだから・金利が不安な方には「低金利キャッシング!」
  • どうしても今日必要!いざというときの「即日融資キャッシング!」
  • 審査が不安な方必見・息表示もありの「即日審査キャッシング!」
  • 総量規制対象外!低金利が魅力!「銀行キャッシング!」
  • 保証人や担保なし「フリーダーや主婦でもOKのキャッシング!」
  • どこを選んでよいの??「初めても方におススメのキャッシング!」

ページの先頭に戻る